【山中先生コラム・第5弾】~むくみ~

こんにちは!
日本医学柔整鍼灸専門学校 広報担当です。
山中先生によるコラム・第5弾!

むくみ

みなさんは、むくみ(浮腫)の対策をどのように行なっていますか?

むくみと言っても、局所に出たり全身に出たりとさまざまです。

原因として、運動不足や疲労、お酒を飲んだ次の日や塩分の多い食事をした次の日にむくむ方等様々です。

対策として、運動をして汗をかいたり足をさする等、皆さんが普段行っているものがあると思いますが、そこにツボをプラスで取り入れてみませんか?

今回ご紹介するのは、『水分穴(すいぶん)』です。

臍の上親指1本分上にあります。

固くなっていたり、冷えている、ペコっとへこんでいる時などは浮腫みやすい状態です。

固い時はほぐすように、冷たい時やへこんでいる時は温める事をオススメします。

身体の真ん中にあるツボになりますので、顔のむくみから脚のむくみまで対応することができますよ。

毎日の体調管理に使えるツボとなりますので、是非使用してみてください。

日々の積み重ねで、むくみを取り除いていきましょう。

担当教員:山中 直樹先生(本校柔道整復学科 専任教員)
鍼灸師・柔道整復師
あん摩マッサージ指圧師
整膚師師範

山中先生は本校TikTokでも活躍中✨

<<定期的に開催されるペヤングチャレンジの様子はこちら>>


週末のイベントでは先生ともお話しができます!
>>オープンキャンパス情報はこちら

先生のコラムや授業の様子がわかる!
>>ほかの柔道整復学科ブログはこちら

まずは日本医専を知ろう!
>>資料請求はこちら

カテゴリー: コラム パーマリンク