【片橋先生コラム・第29弾】~敬語使えていますか?~

日本医学柔整鍼灸専門学校 広報担当です。

お待たせしました!

片橋先生によるコラム・第29弾!

~敬語使えていますか?~

みなさん、こんにちは。日本医専柔道整復学科専任教員の片橋です。
11月も後半に入り、寒くなりましたね。
クリスマスツリーが飾られて、年末もみえてきました。
2022年も残りわずかですね。
お元気でお過ごしでしょうか。

さて、みなさん、敬語を使う機会はありますか?

家族や友人など親密な人以外との人間関係をスムーズにするために、丁寧な言葉使いをすることは一昔前より多いのかなーと個人的には思っています。

部活の先輩やアルバイト先のスタッフ、職場の同僚、お客様、お店、知らない人など使う機会は多いですよね。

接骨院でも患者様に接する時に敬語を使いますよね。

患者様と接する時の敬語が正しいかどうか、ご存知ですか?

丁寧な言葉を使うようにしたら、なんだか周りくどい表現になっちゃった、とか聞いたことがあるから使っているけどこれ合ってんの~?とか。

私は結構あやふやで使っていましたよ(;’∀’)

ちょっと共有しますね。

「お名前を頂戴(ちょうだい)してもよろしいでしょうか」

きっと言われたことありますよね?丁寧に名前を聞かれている気はします。

が、正しくは・・・

◎「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」

聞く→伺う になるんですね。

「以上のご注文でよろしかったでしょうか」

一昔前は聞いたことありませんでした。

◎「以上のご注文でよろしいでしょうか」

シンプルにこれでよいのですね。

長い方が丁寧な気がして、帰って間違った表現になっていることが割とあります。

「お預かりした上着のほうになります」

これも最近の流行り?ですね。

◎「お預かりした上着になります」

「ほう」は方向を表す言葉ですね。長くしなくて大丈夫

「こちらがお釣りになります」

◎「こちらがお釣りです」または「こちらがお釣りでございます」

余分にくっつけないのが正解

「お会計をさせていただきます」

よく聞くフレーズですね。間違っているんですね。

◎「お会計をいたします」

「了解しました」

何がいけないの?

◎「承知しました」

敬語ではないため、目上の人には適さないです。

いかがでしたか?
きっと間違って使っていたフレーズがありますよね?
間違っているけれど頻繁に使われているものもありますよね。
実は、敬語も時代と共に変化していくそうです。
言葉は使ってなんぼ、生きものですね。

(監修/片橋るみ先生:柔道整復師 介護支援専門員)


週末のイベントでは先生ともお話しができます!
>>オープンキャンパス情報はこちら

先生のコラムや授業の様子がわかる!
>>ほかの柔道整復学科ブログはこちら

まずは日本医専を知ろう!
>>資料請求はこちら

カテゴリー: コラム パーマリンク