柔道整復師・鍼灸師を育成する専門学校

日本医学柔整鍼灸専門学校
学生インタビュー 2021.10.07

【在校生インタビュー】3年間で柔道整復師と鍼灸師のW資格を目指す/大柿さん

こんにちは、
日本医学柔整鍼灸専門学校 広報担当です!

本日は、3年間で柔道整復師と鍼灸師のW資格を目指す大柿さんのインタビューをお届けします。



【プロフィール】

大柿さん
日本医学柔整鍼灸専門学校
柔道整復学科 夜間部1年生
鍼灸学科 昼間部1年生

 

柔道整復師・鍼灸師を目指したきっかけ


-患者さんの痛みを取り除きたかった。

私は今まで看護師、助産師、保健師として働いてきました。その中で、いろんな患者さんの体と心の「痛み」をみてきました。

そして「痛み」が原因で、夢を諦めたり、一歩前に踏み出せない姿をみてきました。そんな患者さんの「痛み」を取り除き、緩和をして、やりたいことの扉を開いてあげられるような仕事をしたい、助けるための引き出しを多く持ちたいと思い柔道整復学科と鍼灸学科へ再進学を決意しました。

 

日本医専に決めた理由


-ここでなら学べると感じた。

日本医専にきめたきっかけは「人と雰囲気」その一言に尽きますね。
オープンキャンパスに来た時に、学生と先生との距離感がすごくいいと感じました。

近づきすぎず、遠すぎず、お互いをしっかり尊重しているのが伝わってきて、ここでなら私は学べる。と感じました。ちなみに、実は5年前にも日本医専に見学に来ていたんですよ。その時も同じ印象を感じました。なので、再進学をするならここだと思っていました。



 

学校生活


-クラスメイトや上級生、先生から沢山勉強することがある。

とてもエンジョイしています。まさかこの年でもう一度学生生活を送れるとは思ってもいませんでした。

また、日本医専は社会人も多く、様々なバックグランドを持っている学生がいるのでクラスメイトや、上級生からも沢山勉強になることがあります。それに、この学校は先生方が楽しそうにそして心が動く授業をしてくれるので、記憶に残ります。

例えば、教科書を読んでも解りづらい部分があるんですが、そういうところを先生方は理解していて、「痒い所に手が届く」といいますか、本当に知りたかったことを突いてくるオリジナルのプリントを作ってくれるんです。非常にありがたいです。

また、入学をして感じたことは、この学校はやる気に答えてくれる学校だなと感じました。入学する前から「沢山経験していっぱい学ぼう」と考えていましたが、満たされています。



 

将来の夢や目標


-可能性にワクワクしている!

実は迷っています。迷っているといってもポジティブに迷っていますよ(笑)

進学してから先生方やクラスメイト、上級生から情報やアドバイスをいただき、いろいろな新しい可能性を知りました。例えば独立開業が非現実的なことではないことなどです。

この年で、まだ将来に向けてワクワクしながら迷えるって幸せなことなんだと思います。





大柿さんありがとうございました。
柔道整復師と鍼灸師のW資格を目指して頑張ってください♪
>>他の在校生インタビューはコチラ

在校生や教員と話すことができる週末のオープンキャンパスへぜひご参加をお待ちしております♪
>>オープンキャンパスの予約はこちら

まずは日本医専を知ろう!
>>資料請求はこちら

アーカイブ

×閉じる

特待生制度
特待生制度