2021.08.27

【第3回独立開業ゼミ】~真似るとは、学ぶこと~

こんにちは、日本医学柔整鍼灸専門学校(日本医専)です。

日本医専では、将来独立開業を目指す学生の為に、【独立開業ゼミ】を開講しております。

8/26(木)に第3回独立開業ゼミが行われましたので、その様子をお届けします。



今回も株式会社リグアの霜出様にお越しいただきました。

霜出様がコンサルティングをされている、とある整骨院の先生の話をもとにゼミが始まります。

詳しくはゼミ生だけのお話になりますが、簡単にご説明すると、この先生は20歳の時に27歳で開業する」と目標を定めており、実際は25歳の時に地方で2人の施術者と1人の受付の人とともに開業しました。

最初から複数人で開業される方は珍しいそうです。

先日の振り返りのワークでそれぞれのプランを聞いた際、この先生と同じスピード感で独立開業を目指す生徒や地方開業を考えている生徒もいたので、近い将来の先輩の姿として、教室中が真剣な眼差しです。



それまで従業員として整骨院で働いていた時と、いざ開業して企業のトップに立った時の意識の違いの1つにクレーム対応がありました。

従業員として働いていた時は、お客様からクレームがあった場合、その怒りを収めるための行動が必要となってきます。

しかし、社長の立場ではそれだけではなく、

・クレームがその人だけでなく、地域の何人かがそう思っているのではないか?
・自分の会社が地域から求められていないのではないか?
・売上が伸びないのは、社会から必要とされていないからではないか?

という恐怖との戦いがあるそうです。

この恐怖は、現在独立開業プランを練っている段階の生徒たちも少なからず感じているものなのではないでしょうか。



この先生の話を踏まえ、霜出様から「真似をすること」の大切さを教えていただきます。

開業は自分の理想だけではうまくいきません。

成功する院もあれば、経営が立ち行かなくなり半年で潰れてしまう院があることも事実です。

なぜ失敗するのか?それは「自分がやりたいことをやってしまうから」と霜出様。

繁盛院をとことん真似し、真似し終わってから自分の理想を追求することが大切です。

どういう院を真似するのか、店舗視察の方法なども霜出様から教えていただきました。

開業前は真似しようにも、その真似の仕方がそもそもわからない人も多いということで、その不安を解消してきた霜出様だからこそ、とても実践的で勉強になります。

まずは、今回霜出様がご紹介してくださった企業の先生の独立開業に向けたプランや、従業員の方への目標設定の提示方法などを学んだので、これを真似るに活かしていきましょう!



ポーズは真似しなくて大丈夫ですよ!笑

(ゼミ終わりに霜出様に質問している最中の写真です。熱心に学ぶ姿、とても頼もしいですね!)

次回は、振り返りとワークを行うゼミ活動です。

夢の独立開業を目指して、準備をしていきましょう!!

>>第1回独立開業ゼミのレポートはこちら

>>第2回独立開業ゼミのレポートはこちら

>>日本医専の独立開業のサポートについて知りたい方はこちら

>>資料請求はこちらから

アーカイブ

×閉じる

個別進路相談開催中
個別進路相談開催中