【木下先生コラム】東京2020オリンピック会場別研修会

こんにちは!
日本医学柔整鍼灸専門学校 広報担当です。

柔道整復学科 専任教員の木下先生によるコラムです!


東京2020組織委員会主催による「会場別研修会」に参加してきました。

今回は競泳の競技会場である東京アクアティクスセンターで行われ、多くのメディカル・スタッフの先生方がお集まりになりました。

研修会では、開催にあたっての諸注意をミーティングスペースでお聞きしたあと、実際に業務を行う東京アクアティクスセンターに移動し、会場内を見学しました。

写真は、東京アクアティックセンターの観客用入口になります。

会場では、「オリンピック本番で使用する競泳用プール」「選手用医務室」「ド-ピング検査室」など様々な施設を見学させて頂きました。

医務室は、実際に使用しないで済むことがベストではありますが、万が一に備えて各先生方は、真剣な眼差しで見学をされていました。

私も当日は、「医務室」や「試合会場」「練習場」などでメディカル・スタッフ業務をさせて頂く予定です。

研修会の詳細内容を記載することはできませんが、全てのオリンピックスタッフは、開催に向け、精一杯努力をしているところです。

コロナ禍での開催となる今回のオリンピックは、安全・安心を第一に考え実施されようとしています。

関係者一同みんなで力を合わせて、素晴らしいオリンピックとなるよう臨んでいけたらと存じます。

今回は大変短い報告ではありますが、「東京2020オリンピック会場別研修会」ついて報告させて頂きました。


(監修/木下美聡先生:柔道整復師 日本大学水泳部オフィシャルトレーナー)

>>柔道整復学科の過去のコラムはこちらから

>>本校の資料を請求する場合はこちらから

>>オープンキャンパスや説明会についてはこちらから

カテゴリー: コラム パーマリンク