【スポーツゼミ】「東京高等学校で現場実習をしてきました」

こんにちは!
日本医学柔整鍼灸専門学校・広報担当です。

スポーツゼミで定期的に行われている現場実習!
今回は東京高等学校へ行かせていただきました。

【4大柔整ゼミとは?】
ケガゼミ、スポーツゼミ、ヘルスケアゼミ、高齢者ゼミの4分野に分かれて、より専門的な知識を学ぶことができる本校独自の学習制度です。
スポーツゼミでは、主にスポーツトレーナーとして活躍する際必要とされる知識や技術を学びます。

>>詳しくはこちら

 

東京高等学校のラグビー部で三田先生がトレーナーとして活動しているので、今回は一緒に間近でトレーナー活動を体感しました!

三田先生は鍼灸師資格、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格のみならず、NATA-ATC(National Athletic Trainers‘ Association)の資格を活かし、NFLサンフランシスコ49ersトレーナー、米国陸上選手タイソン・ゲイ氏(他、代表選手5名)のパーソナルトレーナーを務めるなど、第一線で活躍中の先生です。

この日は練習や試合でケガをしてしまった選手のリハビリトレーニングをスポーツゼミの学生がサポートするといった内容です!
まずは2人一組に分かれて、選手を1人ずつサポート!!

ケガといっても腰や脚など様々なので、選手に合わせて効果的なリハビリトレーニングをやっていきます。

三田先生は全体を見て回って選手やスポーツゼミの学生にトレーニングの効果や意識するポイントを教えていきます。

スポーツゼミの学生も一緒になってトレーニングに参加!
リハビリトレーニングでもなかなかキツそうでした…

三田先生もスポーツゼミの学生も選手一人ひとりにちゃんと寄り添って対応していて終始良い雰囲気の現場実習でした!

現場実習では学校で見られない頼りがいのある背中を見ることができました。
もっと大きな背中になれるよう頑張ってください!!


本校では、スポーツゼミの見学も行っています。
参加希望の場合は、電話・メール・LINEにてお申し出ください!

>>過去のゼミ活動の様子はこちら

>>日本医専のスポーツトレーナー教育についてはこちら

カテゴリー: ゼミ活動 パーマリンク