日刊ゲンダイヘルスケアにて連載中!「東洋医学を正しく知って不調改善」第二十三回

みなさん、こんにちは!
日本医学柔整鍼灸専門学校の広報です。

本校鍼灸学科教員が執筆する「東洋医学を正しく知って不調改善」の第二十三回が日刊ゲンダイヘルスケアに掲載されましたので、ご紹介します!

漢方薬はエビデンスに乏しいという批判的な声も聞くが実際は?

日本の医療はエビデンス(科学的根拠)に基づいたものが主流です。

エビデンスを取得するために動物実験やランダム化比較試験などが行われ、このうち最も信憑性が高くグレードもトップにあるのがランダム化比較試験になります。

一方、医療用漢方(医師が処方する保険適用の漢方)は長年の臨床経験をもとにしており、ランダム化比較試験が行われていません。

そのため「漢方薬はエビデンスに乏しい」といった批判的な見方が医師の間でも根強く存在していました。

これに対応するため、日本東洋医学会は2001年、エビデンス委員会を設立。

積極的に漢方薬のエビデンス研究を行い、結果を発表しています。

しかしながら、漢方薬はエビデンスを解明するのが難しい薬でもあります。

たとえば糖尿病を例に挙げると、西洋医学では発病のメカニズムを分析し、インスリンの働きの鈍さによるものであれば、そこにピンポイントに作用する薬を開発し、同じ病態の糖尿病であれば、同じ薬を使います。

ところが漢方薬では、症状と患者の体質から「証」を判断し、証に合った漢方薬を使います。

同じ糖尿病であっても証が異なれば、使う薬も異なるのです。

研究者の努力で漢方薬のエビデンスの構築が進んでいます。

漢方薬において、「エビデンスが乏しい=効き目が良くない」というわけでは決してないのです。

<<記事全文はこちら>>

王 瑞霞先生(鍼灸学科専任教員)
医学博士、中医師、鍼灸師
中国山東中医薬大学卒業
中国北京中医薬大学大学院修了
日本大学医学部医学博士
中国では伝統医学医師資格である中医師の資格を有して、日本では長年、漢方薬、鍼灸の医療現場及び教育に携わる。


週末のイベントでは先生ともお話しができます!
>>オープンキャンパス情報はこちら

先生のコラムや授業の様子がわかる!
>>ほかの鍼灸学科ブログはこちら

まずは日本医専を知ろう!
>>日本医専の資料請求はこちら(デジタルパンフレットもあります!)

カテゴリー: その他 パーマリンク