鍼治療で美肌効果―小顔・毛穴の開き・くすみー

芸能人やモデルのインスタなどでたびたび紹介されている「美容鍼」をご存じですか?
最近では女性だけでなく男性も小顔効果やむくみ解消を目的に美容鍼を受けている人が増えています。

美容鍼はその名の通り、美容を目的とした鍼灸治療です。
ここでは、いま話題の「美容鍼」についてご紹介します。

1、中医学を概念に

美容鍼とは、東洋医学である『鍼灸』の治療を用いた美容法です。
そのため中医学を概念としており、「経絡(けいらく)」という全身に気や血(けつ)というルートや「経穴(けいけつ)」というツボという考え方を基礎にしています。
経絡に気や血が流れていて、経穴というツボがあり、そこを探れば体内の調子がわかり、不調があれば、そのツボを刺激することで体調が整うという考え方です。

2、美容を目的とした美容鍼

美容鍼とは美容を目的とした鍼による施術のことです。
鍼灸治療はWHO(世界保健機構)でも適応治療として認められており、中国や日本だけでなく世界各国で発展しています。
その鍼灸治療を用いて、美容に特化した施術をおこないます。
中医学では、“美は健康から導き出される”と考えるため、美容鍼灸の施術でも単に顔だけに鍼を刺すわけではなく、顔以外の部位にも鍼を刺すことで、健康で美しい肌へ導くのです。

鍼を顔に打つと聞くと痛そうに思う方もいると思いますが、実際に打つ鍼は髪の毛くらいの太さですので、ほとんど痛みは感じません。

3、美容鍼のさまざまな効果とは

美容鍼にはさまざまな効果があります。
個人差もありますが、その代表的な効果をご紹介します。

  • 血行は良くなって、むくみが取れてリフトアップすることで小顔効果がある。
  • 血行が良くなって、代謝が促進されることで目の下のクマが軽減される。
  • 鍼の刺激によって皮膚の再生機能が高まり、美肌効果がある。
  • 顔の筋肉を緩めることで、肩コリも改善できる。
  • 顔の筋肉のコリをほぐすことで、左右の方のバランスが整ったり、口角がアップする。
  • 顔のたるみが改善することで、毛穴が目立たなくなる。  など

このように、美容鍼は東洋医学を用いて自己免疫力を高める美容法です。
薬を飲んだり、美容整形など手術をするわけではないので、副作用の心配もありません。

そして、美容鍼灸は定期的に続けることで持続性も高まります。
最初は1週間程度の間隔で、ある程度慣れたら少し間隔をあけると効果が持続すると言われています。
小顔・美肌という美容効果がもちろんのこと、ストレス解消やリラックスタイムとしてもご褒美時間に美容鍼をお試ししてみてはいかがでしょうか?

マスク生活で頬や口角は弛んでしまっていませんか?
美容鍼で小顔&美肌を目指しましょう。

 

2/7(日)13:00~ 「青木式美容鍼灸」の体験授業を行います。
美容鍼灸に興味のある方はぜひご参加ください。
>>美容鍼灸の体験授業の申し込みはこちらから

>>日本医専で学べる美容鍼灸について知りたい方はこちら

カテゴリー: その他 パーマリンク