【鍼灸学科】鍼灸を初体験!首や肩のコリを解消してもらいました!

こんにちは!
日本医学柔整鍼灸専門学校 広報担当です。

今回も前回同様、鍼灸学科3年生の臨床実習を見学してきました。
そして自分も患者役として鍼灸を初体験!

【臨床実習とは?】
医療従事者を目指す学生が患者様と対面し、診察や実際の治療、カルテの書き方、コミュニケーションのとり方などを目の当たりにすることで実際の現場での患者様とのやり取りを勉強するための授業です。

前回の臨床実習は、生徒同士で患者役と施術者役で分かれて行いましたが、
今回は本校の教員が治療院に来院された患者様を施術する様子を、学生に見て学んでもらうといった授業内容でした。

実際に現場で働いている教員がどういった問診や施術をしているのか、などを勉強していきます。

 

まずは新型コロナウイルス感染予防策のため、オンラインで見ている学生に対して患者様の情報を共有していきます。

そして患者様との問診の様子も見ていきます。

問診が終わったら施術に入ります。

施術中も学生と確認していき、どんな症状だからこの施術をします、など共有していきました。

学生も疑問点など発言していて終始真剣な雰囲気でした!

 

▼もう一方で、自分も患者役として鍼灸を初体験してきました!▼

まず、服を着替えて問診です。
デスクワーク続きで肩、首のコリと、片頭痛持ちで頻繁に頭痛があるのを相談しました。

話しているうちに自律神経と整える鍼も打っていただくことに。

いよいよ施術開始です!
最初は自律神経を整えるために脚や腕、お腹に鍼をバンバン打っていきます。

はじめは細くて痛みの感じない日本鍼で打っていただいたのですが、途中からもっと効果のある中国鍼に変更してもらいました!

日本鍼は刺される感覚が全くと言っていいほどないのですが、中国鍼ではもう少し刺激が強めです。

次に片頭痛や首のコリを取る施術で、顔・首に鍼を打っていただきました!
結構グイグイ打っていただきましたが、脚や腕と同じく痛みはほとんどなし。

首は大分凝っているようで、他よりは少し痛みがありました。

鍼を打って時間を置いている間に、脚にお灸も体験!

鍼を抜いたら、今度はうつ伏せになって首の裏側や肩回り、背中へ移動。
こちらもグイグイ打っていただきましたが、痛みよりくすぐったい感覚のほうが強かったです。

やはり右側の首が相当凝っているようなので、パルス(電気治療)も体験!
痛みはなく、内側の筋肉がピクピク動いているような感覚がありました。

少し時間を置き、鍼を抜いた後は筋肉痛のような感覚がありますが、強い痛みなどは全くなし。

肩や首のコリも完全に取ることはできませんでしたが、施術前とは段違いで楽になりました!

今回施術を受けてみて、身体のメンテナンスの重要性を痛感したので、これからは定期的にメンテナンスをして、長く健康でいられるように気をつけたいと思います!!

 

今回の施術の様子を動画でも作成しておりますので、是非ご覧ください!

 

最後になりましたが、見学を快諾してくださった斎藤先生、学生のみなさん、
そして施術してくださった青木先生、本当にありがとうございました!

 

▼週末のオープンキャンパスでは教員や学生のみなさんと話して、学校の雰囲気を知ることができますよ!▼

★鍼灸学科★
『「美容鍼灸」「スポーツ鍼灸」「婦人鍼灸」「高齢者鍼灸」を知ろう!』
9/5(土)14:00~16:00
<<お申し込みはこちら>>

★鍼灸学科★
『卒業生スペシャル!「ハリのあるお肌をつくる美容鍼灸」』
9/12(土)14:00~16:00
<<お申し込みはこちら>>

カテゴリー: その他 パーマリンク