日刊ゲンダイヘルスケアにて連載中!「東洋医学を正しく知って不調改善」第三十二回

みなさん、こんにちは!
日本医学柔整鍼灸専門学校の広報です。

本校鍼灸学科教員が執筆する「東洋医学を正しく知って不調改善」の第三十二回が日刊ゲンダイヘルスケアに掲載されましたので、ご紹介します!

なぜ鍼灸治療は不眠症に効くのか? 心と体を「中庸」に戻す

東洋医学の中でも鍼灸治療は、心と体を中庸に戻し安らかな状態にするので、不眠症に効果があります。

鍼をすると、まず血流が良くなり、ホルモンバランスが整うと同時に自律神経が整えられます。

体は温かくなり、ほてりなどの余分な熱は冷まされ、さらに体や脳の緊張やそれに伴う疲れを取り除き、本来のバランスを取り戻し、不眠が改善されるわけです。

ちなみに、そんな不眠に効果的なツボとしては、頭の上の中央にある「百会」があります。

そこを中指や人さし指を使い、前後に指圧したり、親指以外の4本の指を使って頭のてっぺん辺りを広く刺激してもいいでしょう。

ただし、あまり長時間にわたって刺激すると、のぼせる場合もあるので注意が必要です。

眠れない日が続いた場合、「早く眠らなければ」と焦れば焦るほど目が冴えてしまうもの。

その場合は常識的な範囲内で寝床で休む時間を決め、眠れなければ寝床から出て、日中、目を閉じるなどの休息を取ればいいでしょう。

<<記事全文はこちら>>

渡邊 靖弘先生(鍼灸学科専任教員)
日本伝統鍼灸学会理事
和ら会会員
はり師
きゅう師
あん摩マッサージ指圧師


週末のイベントでは先生ともお話しができます!
>>オープンキャンパス情報はこちら

先生のコラムや授業の様子がわかる!
>>ほかの鍼灸学科ブログはこちら

まずは日本医専を知ろう!
>>日本医専の資料請求はこちら

カテゴリー: その他 パーマリンク