柔道整復師・鍼灸師を育成する専門学校

日本医学柔整鍼灸専門学校
学生インタビュー 2020.06.24

【在校生インタビュー】柔道整復師を目指したのはデスクワークしたくないから/野村さん

こんにちは、日本医学柔整鍼灸専門学校 広報担当です!
本日は、接骨院をやっていた叔父の影響とデスクワークはやりたくないからと柔道整復師を目指す、野村さんのインタビューin Floridaをお届けします。



【プロフィール】

野村さん
日本医学柔整鍼灸専門学校 昼間部 柔道整復学科2年生(取材当時)
接骨院をやっていた祖父の影響とデスクワークがしたくないからのがきっかけだったが、
日本医専に入ってからやりたい分野だと改めて思い、スポーツトレーナーを目指す。

柔道整復師を目指したきっかけ


ー接骨院をやっていた叔父の影響とデスクワークをしたくなかったから

きっかけは叔父が接骨院をやっていたのとオスグットで通っていたのと、デスクワークをしたくなかったからです。
進路を決める高校三年生のときに、叔父に進路相談したらこういう道(柔道整復師)はどう?と勧められました。

日本医専に決めたきっかけ


ーオープンキャンパスでの雰囲気がよかったから

家から近いというのももちろんあるんですけど、オープンキャンパスに参加して雰囲気が良かったのが決め手です。
先生の対応がすごく良かったですし、体験授業が面白くて勉強してみたいと興味を持ちました。


学校生活


ー入学してからどんどんやりたいことが増える

授業は難しいのですが、入ってよかったなと思いました。正直、ざっくりと興味のある分野ということで入学しましたが、勉強していてやりたいことがどんどん増えてきました。スポーツトレーナーの話を聞いていて格好いいなと思いますし、自分もスポーツをやってきたので、スポーツとかかわりたいなと。
妹が水泳で頑張っていていいタイムが出るようにサポートしたいですし、親の身体もケアしてあげたいなとも思っています。

フロリダ研修


ースポーツ文化の違いも学べるし、世界を知ることができる

初めての海外ということもあり、刺激的なことが多くて楽しいです。食事がちょっと合わないのはしんどいけど(笑)
レストランでの注文や買い物するときも日本とは違うし、店員さんもフレンドリーで距離も近くて一つ一つが楽しいです。
NBAやアイスホッケーの観客の応援の雰囲気も日本では味わえない熱狂ぶりだったし、チップ制度も日本にないからこれも楽しんでいます。
今回の研修ではちゃんと勉強して、全部自分のものにしたいと思います。
トレーナーの方の話をきいて憧れましたし、勉強するモチベーションがめちゃくちゃ上がりました。


将来の夢や目標


ースポーツトレーナーになりたい。将来的には開業も

スポーツトレーナーになりたいです。自分がやっていたバスケやバレーや妹がやっている水泳も興味がありますが、自分がやっていなかったスポーツも勉強したいと思っています。今はまだ漠然としていますが、将来的には開業してみたいです。まずは、トレーナー。できればコーチ兼トレーナーというんですかね、教えることもやりたいと思っていて、今も母校のバスケ部にも行ってます。




野村さんありがとうございました!
デスクワークをしたくなかったからというところから勉強しているうちにやりたいことが増えてくるというのは、天職かもしれないですね。
夢に向かって頑張ってくださいね♪

フロリダ研修についてはブログで詳しく紹介しています。

>>フロリダ研修ブログはこちらから

他の在校生インタビューはコチラ

>>大学とのWスクール/仲眞さん

>>日本医専に決めたのはフロリダ研修/櫻田さん

>>テニスコーチ兼トレーナー/一戸さん

>>剣道部時代に接骨院でお世話になった/大塚さん


>>保育園の頃から鍼灸師を目指す/星野さん

アーカイブ

×閉じる

特待生制度
特待生制度